成田空港駐車場は24時間利用ができる

全国には国際空港が幾つかあります。大阪や愛知の空港は空港島にあることもあり24時間飛行機の発着が可能になっています。一方日本の中心とも言われる成田空港は内陸部にあることから今は24時間の離発着歯行なえません。夜は23時まで、朝は6時からとなっています。でも非常に混みあう空港なので、23時のぎりぎりまで使われますし、早朝一番に飛び出して行く飛行機もあります。成田空港駐車場は24時間利用することとができると言ってもいいでしょう。空港が管理している駐車場以外にその周辺に民間の設備があります。そちらは空港と少し離れている場合には送迎をしてくれます。離れているのに空港まで徒歩で行くとなるとかなり大変なことです。夜遅くに到着しても、朝早くに離陸する時でも送迎をしてもらうことが出来るので、空港まで行くことができます。

成田空港駐車場は混みあうことを考慮

ショッピングセンターなどで非常に混雑するようなところでは駐車場に入れるのも出すのも非常に時間がかかる場合があります。この場合はそれらの時間をある程度想定しながら利用しないといけません。そうしないと予定の時間に入ることができませんし、帰るのも遅くなってしまいます。ショッピングなどならある程度時間がずれてもいいですが、予定が決まっている時は困ることもあります。成田空港駐車場を利用する場合、恐らくは飛行機の出発時間や搭乗時間などを考慮して向かうでしょう。鉄道なら出発が10時なら5分前に駅についても何とか間に合います。しかし飛行場はそうはいきません。ましてや駐車場にはもっと早く着いている必要があります。平日、土日、その他シーズンといわれる時にはそれなりに余裕を持って駐車場まで来るようにします。混雑で進めないこともあります。

成田空港駐車場ではキーを預ける

駐車場の利用をするときは当然鍵をかけます。その鍵をどうするかですが基本的には自分で持っていきます。当たり前のようですが、一部では鍵を預けておくこともあります。これは自動車の配置などを適宜変更したり、利用したい時に事前に連絡をすると駐車場の前まで出しておいてくれるサービスのためです。オフィス街の駐車場などで会社が契約をしている場合はこのタイプがよくあります。成田空港駐車場では空港が直営する駐車場ではキーは自分で持っていきます。一方で民間の駐車場を利用する時は業者にもよりますがキーを預けることが多いです。それは業者のほうで車の移動をすることがあるからです。ですから車の中には荷物などを置いておかないようにしなければいけません。もちろん業者によっては移動しないタイプの運営をしていることもあり、そちらでは預かりはありません。